« ラジオが聴きたい | トップページ | 本当にない・・・ »

2007年1月15日 (月曜日)

道のりは長い

ヱスビー食品の創始者、山崎峯次郎氏のカレー粉開発秘話をある本の中で読みました。

峯次郎氏といえば日本のカレーの歴史上、極めて重要な存在として知られています。

カレーに関する本を読めば必ずといっていいほど登場する方なのですが、

カレー粉開発の成功につながったというあるエピソードを見つけたので

ちょっと実験で真似してみました。

といっても、それはスパイスの熟成に関係するもので、

今となっては目新しいことではないのですがね。

スパイスをふんだんに使ったカレーは刻々と熟成が進むので、

食べるタイミングによって風味にかなりの違いがでます。

熟成をどのくらいさせるのか、いつからさせるのか、

あるいは熟成などさせないという考え方もあり、

カレー作りは本当に多様の一言に尽きます。

実験の結果、峯次郎氏のエピソードに倣った熟成・調合スパイスは

熊猫カレーには今ひとつ向かなかったようですが、

大正時代に参考文献もなくゼロからスタートして

震災にも戦争にも負けずカレーを作り続けた先人のことを思うと、

多少の山あり谷ありは乗り越えて行かねばなぁと考えさせられたのでした。

でも、スパイスの摩訶不思議な魅力には峯次郎氏ならずともハマるのですよねぇ。

                                                      スパイスってやはりインドのイメージそのものですなー

       ↓

【屋台カレー☆熊猫印 ワタル】

       

|

« ラジオが聴きたい | トップページ | 本当にない・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143115/13502943

この記事へのトラックバック一覧です: 道のりは長い:

« ラジオが聴きたい | トップページ | 本当にない・・・ »