« トリノ ⅳ  | トップページ | トリノ ⅵ ついでにイベントのお知らせも »

2006年2月22日 (水曜日)

トリノ ⅴ

オリンピックも終盤戦。
いよいよ押し詰まってきました。

大会中盤、思わぬところで(失礼f(^_^; )
ブレイクしてしまったのがカーリングでしたね。
でもあの競技、実際見ていてかなり面白い。
試合進行も比較的ゆっくりなので
こちらもテレビの前で次の手を考えることができる。
耳慣れない用語も何度も聞くうちに
だんだん意味がわかってくる。
初心者でも入っていきやすいところが良いですね。
一投で状況が大きく変わってしまうので
張りつめた空気の中、最後まで見入ってしまいました。

残念ながら最後の試合では力尽きたという感じでしたが
(あの切ない終わり方がまた日本人の心をくすぐる)、
このカーリング人気も世界のトップ級と
互角に渡り合ってみせたからこそ。
自信をつけた彼女達のさらなる飛躍が楽しみです。

スピードスケートやスキージャンプなど
これまで実績を残してきた種目が苦戦を強いられる中、
体力勝負でもなく、判定も明快なこの競技に
これからの期待大です。


ところでカーリングってどこでできるの?
      ↓
【屋台カレー☆熊猫印 ワタル】

|

« トリノ ⅳ  | トップページ | トリノ ⅵ ついでにイベントのお知らせも »

コメント

カービングはまったくもって興味の沸かない種目だったのですが、見る番組がなく仕方なく見てたのが、カービング。
が、しかし、ルールも分からずつまらないとぼやきながらもなんとな~~く見てたら、これまたどうしたことか、気付いた時には「お~~~~!!!」と大声を上げて騒いでました・・・・
ルールも自分なりに勝手に理解して(絶対、間違ってると思うのですが・・・)
おくの深~い種目かも!!
メダル関係なく楽しめました!!!

投稿: ユキ | 2006年2月22日 (水曜日) 午後 07時14分

こんばんは、ユキさん。
多分日本中の人がユキさんと同じように
ハマっていったのだと思いますよ。

ところで、あれれ、“カービング”といったら
バードカービングとかフルーツカービングなど
ナイフで削りだしていく彫刻のことじゃないかな?
そう思って色々なサイト見てみたら、
なんかすごいですよ。
スイカなど使った見事な作品がありますね。
でもフルーツは飾るよりも食べるほうがよいので、
僕としてはバードカービングをやってみたいと思いました。

カーリングの話題から思わぬ展開になりましたね(^▽^笑)

【熊猫印☆ワタル】

投稿: 熊猫印☆ワタル | 2006年2月23日 (木曜日) 午前 12時39分

あはは・・・・・間違ってました。
カービングではなくカーリング・・・・
ルールも知らなければ名前も間違える・・・・
カービングはスキーでしたよね??
板が短い??幅が太いのか??
失礼しました!!!
バードカービングちょっと調べてみよ~~

投稿: ユキ | 2006年2月25日 (土曜日) 午前 11時00分

カービングスキーっていうのもありましたか。
ゲレンデに御無沙汰してもう何年だろう。
全く思い浮かびませんでした。

スキーといえば、アルペン男子回転で
皆川賢太郎が4位入賞。
湯浅(7位)とダブルで入賞。
これまで岡部哲也、木村公宣といった期待の選手が
オリンピックの舞台ではことごとくはね返される姿を
見てきたので、これは驚き(゜ロ゜)
佐々木明も入賞圏内でしたから、
この先アルペンも束になって世界に向かってほしいですね。

投稿: 熊猫印☆ワタル | 2006年2月26日 (日曜日) 午後 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリノ ⅴ:

« トリノ ⅳ  | トップページ | トリノ ⅵ ついでにイベントのお知らせも »