« トリノ ⅱ | トップページ | トリノ ⅳ  »

2006年2月17日 (金曜日)

トリノ ⅲ

めげずにオリンピックです。
やはりスピードスケートのスプリント種目で
取れないと厳しいですね。

あくまで個人的な印象ですが、
選手の皆さん実力は出し切っているのではないでしょうか。
もちろん多少の誤算や不運はあるでしょう。
採点種目の特性に泣かされた選手もあったかもしれません。
しかし、例えば重圧に押しつぶされて完全に失敗してしまった、
というようなことはあまり目に付かないように思えます。
現時点での結果はある意味順当なのでは。
トップに立つ選手と見比べてみると
実力相応の結果にも見えます。
日本勢が不調なのではなく、
他にもっと強い人達がいたということです。

だから、「どうしたニッポン」とか「おかしいぞ○○」
といった論調を巻き起こさないほうがよいと思います。
自分達としてはまずまず良くやっているはずなのに、
周りから「おまえ達はおかしい、調子が悪い」などと
騒ぎ立てられたら出来るものも出来なくなってしまいますよね。

ノルディックの女子クロスカントリーで初入賞するなど
ひと昔前に比べたら世界レベルで競える種目の割合は
確実に増えています。
全体的底上げはなされている。
それが大きく花開くかどうかということだと思います。
“三歩進んで・・・”みたいな感じで強くなってもらえれば。

日本のメダル獲得は見られなくても
十分、いや八分目・・七分目くらいは楽しめますよ。
テレビの撮影技術もどんどん進化して
スピードスケートやフリースタイルのモーグルなど
ダイナミックで美しい映像には驚きました。
夏ではない冬のオリンピックならではの感動だと思います。


 もう達観の域←ウソウソ
    ↓
【屋台カレー☆熊猫印 ワタル】 

|

« トリノ ⅱ | トップページ | トリノ ⅳ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリノ ⅲ:

» 「トリノ五輪」!「ちょっと見ましたーっ」!! [自転車屋男]
「スノーボード男子クロス」 面白いですねー! この競技は迫力がありました!! 写真は「決勝戦」での 「激しいデットヒート」です! 優勝は「アメリカ」の「ウェスコット」でした。 「日本」の「千村選手」は残念ながら 「16位」でしたが 積極的に攻めていましたし 良く戦ったと思います。 今大会から始めて採用になった 「スピードスケート女子団体追い抜き」も 見ましたが・・・... [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金曜日) 午後 03時16分

« トリノ ⅱ | トップページ | トリノ ⅳ  »