« 祝3周年 | トップページ | “オノっち”帰国 »

2006年1月30日 (月曜日)

熊猫のルーツなのか!?

今はなくなってしまいましたが、
JR大宮駅の東口に大衆食堂がありました。
“武蔵屋”さんだったか“武蔵食堂”だったか、
そんな名前だったと思います。
立ち食いそばをそのまま大きくしたような店でしたが、
中学生だった頃は、友達と映画を観に行った帰りなど必ず寄っていました。
なにしろ200エン前後でそば・うどんが食べられたのですからね。
さらに山盛りの天かすが各テーブルに置かれているので、
かけうどんを頼めば即たぬきにグレードアップできるという
あまりにも素晴らしすぎる店でした。

まだ子供だったのでいつも一番安いうどんなどを
食べていたのですが、
店内にどうしても気になる一角があったのですね。
カウンター席でそこだけお会計も別。
ちょっと異質な空間だったのですが、
そこではカレーを売っていたんですよ。

ある日、友達に「今日はあっち行ってみない?」
と持ちかけると、即答で「いいよ」。
彼も気にはなっていたようです。
おずおずと椅子に座ってカレーを注文。
そんなわけないんですけど、
俺達ここに座って怒られないかななんて心配していました(・-・*)

そんな少年2人の横におじさんがひとりでご来店。
椅子に落ち着く間もなく、
「ポークねっ!」と明快に注文していました。
それに対して僕の方は、
「えっ?メニューにはカレーとしか書いてないよ。
ビーフとかポークとかないけど大丈夫かな?」と
余計な心配をしていたのですが、
どうもそれ以来、カレーの具として最もスタンダードというか
王道を行っているのは“ポーク”!
という印象が刷り込まれてしまったようなのですよ。

いつもより少し背伸びをしてドキドキしているところに、
あの「ポークねっ!」という力強くも爽やかな一喝。
これきっと一種の催眠術だったのではないかと。

というわけなので、熊猫のメニューにポークが入っていないのが
ずっと引っかかっていたんです。
「じゃあ、作れば」って?
ハイ作りました、熊猫ポークカレー(-^〇^-)
buta
スパイスで煮込んだ厚切りポークがのっています。
良い照りでしょう。
とろけますよう。

しかし、カレー屋を始めたのも
元をたどれば、あのおじさんに行き着くのだろうか。
・・・・・。

催眠術にかかったまま約20年。
      ↓
【屋台カレー☆熊猫印 ワタル】

|

« 祝3周年 | トップページ | “オノっち”帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊猫のルーツなのか!?:

« 祝3周年 | トップページ | “オノっち”帰国 »