« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月28日 (水曜日)

バンビとパンダとチューリップ

カップ酒が人気らしいですね。
デザインも色々。
味も色々。
カップ酒をズラリ数10種類も並べた立ち呑み屋さんもあるとか。

アルコールにはからっきし弱い店主☆ワタルなのですが、
なぜか幼少の頃からカップ酒には心惹かれるものがあったんですよね。
見た目本当においしそう。
仕事帰りに駅のキオスクでカップ酒とつまみを買って、
車内でひとり静かにグビリッとやっているおじさんを
羨望のまなざしで見たりしていました。
この人は今1日の中で最高の時を迎えているんだろうな、
なんて勝手に想像しながら。

しかし、カップ酒というのは全国各地にずいぶんとたくさんあるんですね。
しかも、結構古くからあったりする。
「ワンカップ大関」くらいしか知りませんでしたよ。
近所のスーパーでも売っていたので、
バンビ、パンダ、チューリップの3種類買ってきました。
狙いすぎてない絵柄がいいですね(今日のタイトルは狙いすぎY(>_<、)Y)。

今度チリチリバンバン号で「お水くださーい」って人がいたら
このカップで出してあげようかと思います。
もし、今日のブログ見ていらっしゃったら
「バンビで!」なんて指名してあげてくださいね(=^_^=)
cup-2


←熱燗も冷めにくいように
 毛糸の専用カバーつけてみました(ユミ作)。

cupneco
                       
←ウチの招き猫にもおそろいのマフラーを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月曜日)

クリスマスも終わりまして

一夜にして世の中年末モードですね。
ブログのXmasバージョンも昨日まで。
今年も残すところ1週間を切りましたが
気が抜けそうなところをこらえて頑張ります。

ところで昨日、店主☆ワタルの実家では餅つき大会でした。
いや、大会っていうのは大袈裟ですが、
おじいさんの代からの恒例行事です。
ワタルも数少ない一家の伝統行事を継承できるよう
毎年駆けつけるのですが、今年は仕事の都合で参加できず└(T_T;)┘

餅つきで何が一番楽しみかっていうと、
まだ餅になる前のふかしたての餅米なのです。
正直餅より好き。
つかれてしまう前に茶碗にコソッといただいちゃう。
怒られながらも、これだけはやめられないんですねぇ。
醤油をたらして、おにぎりにするのも良いですよ。

今年は食べ損なったなぁ。
弟ミツル(初登場)に食べられちゃったみたいです(゜゜;)
でもまぁ、これだけ時間の流れがはやいと、
来年の餅つきもまたすぐにやって来るか。
本当に1年間アッという間でしたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土曜日)

“オノっち”旅立つ

先日“オノっち”がインドに向けて旅立ちました。

以前、当ブログにコメントを寄せてくれたこともある彼女は、
店主☆ワタルが都内のインド料理店で働いていたときの同僚です。
その後、インド始めアジア方面への造詣を深め、各地へ渡ることも度々。
来年にはヒンディー語の勉強のため、1年間インドに留学もするそうです。
いや、すごいw(°o°)w 

今回は、約1ヶ月の予定でインド各地をまわるそうです。
初日の出はあちらでというわけですね。
どこで迎えるのか、まだ迷っているふうだったので
「ガンジス川で沐浴しながらってのは?」と勧めてみると、
「それはちょっとね」だそうです。
汚れているから?聖なる流れなのにね。

ガンジスで新年を迎えるなんて一度やってみたいものです。
でも新年はおろか、海外に行くこと自体ままならないので、
オノっちにビデオカメラを託して、
街の様子を撮ってきてとお願いしました。
どんな映像が撮れていますか、楽しみです。
面白い画があったらブログでもご紹介しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金曜日)

CAFE KUMANECO!?

新年早々コーヒー屋さんやります。
年明け2日から、さいたま市内の「浦和住宅展示場」でフェアが開催されます。
そこに“珈琲工房TONEGAWA”さんが出店されることになりました。
ご来場のお客様にコーヒー豆と淹れたてコーヒーのサービスをするとのことです。
TONEGAWAさんは自家焙煎のコーヒー豆を売っているお店で、
熊猫でもいつも購入させてもらってます。
世界中から選んだ旬の美味しいコーヒーを楽しめるのですよ。

さて、そのTONEGAWAさんですが、展示場側からオファーが来たものの
マスターがお店をあけるわけにもいかず、その他諸々の事情もあり、
悩んだあげく、熊猫のことを思いついたそうです。
こちらとしても、また新しいことへのチャレンジで好奇心が膨らんでしまい、
喜んでお引き受けすることにしました。
とはいえ、今度は他人様の看板を背負っての営業なので責任は大。
バタバタした状態で淹れたりしたら味に表れてしまいますからね。
準備万端で取り組もうと思ってます。

フェアの日程は以下の通りです。
 2006年1月2日(月)
    同   3日(火)
    同   7日(土)
    同   8日(日)
    同   9日(月)
 
このうち、熊猫が出動するのは2日、3日、7日、8日の計4日間。
最終の9日はTONEGAWAさんがお出ましの予定で、
熊猫はカレー屋として通常営業しております。

コーヒー豆、試飲サービスとも数に限りがございますので、皆さんお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水曜日)

マジレンジャーカレーを食す

2
店主☆ワタル、ユミともに辛いモノ好きなので
(カレー屋やってるくらいですからね)、
メニューに加えているマイルドタイプのカレー、
実はかなり頭を悩ませながら作っています。

その研究ということで、子供向けのレトルトカレーを購入してみました。
①とっとこハム太郎カレー(甘口ビーフ&コーン)
 これは・・パッケージからして辛さのはいる余地はなさそうだ。 
②魔法戦隊マジレンジャーカレー(甘口ポーク)
 “魔法戦隊”だからマジレンジャーだったのか。
 “真剣にやってるから”かと思ってた。
③ボンカレーゴールド21(甘口)
 今回の頼みの綱かな。たぶんこれなら。
 
湯煎にかけ封を切ったとき、案外いい香り。
そういえば、幼稚園のお泊まり会で園長先生が作ってくれたカレーは
こんな香りだったなぁo(ToT)o
遙か昔の記憶がフラッシュバックしたところで思い切って食べてみました。

・・・・・・・・。

結論(いきなり結論!)
「熊猫のマイルドはまだ辛い」、とおっしゃる方のその意味がよくわかりました。
自分にとっての“甘口”とか“辛口”という概念とは全く別の領域でした(゜゜;)/
そうか、こんな世界があったのか・・・。
カレーの道を歩む者として、“甘かったのは自分だ”という感じです。
もっと精進しなさい、とハム太郎が言っております・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火曜日)

Oneday Cafe in“らくら”

古河方面イベント出張シリーズ第3弾!
18日の日曜日、強風に晒されながらも
“らくら”さんでのイベントに参加してきました。

inpaso

店内組とガレージ組とにわかれての営業となりました。
ガレージでは、チリチリバンバン号の他に、
ジャンク雑貨のRe Bornさんとワゴンカフェの
paso del tiempoさんが営業されていました。

←paso del tiempoのキャラメルマキアート
 いつもより多めに回してくれました。

3店揃ったガレージサイドは、なかなか良い空間になっていましたよ。
ただ、Re Bornさんの“ジャンクでない”商品が、
強風で飛ばされてジャンクコーナー行きとなったり、
この日の天候には皆さん悪戦苦闘でした。

in
ありがたいことに、そんなお天気でもカレーの売れ行きは順調。
これまでのイベントで知り合えた方々との再会もあったりして、
お客様との会話を楽しみながら営業できましたよ。
ちなみに今回のカレーは、①チキン、②キーマ、③カボチャのカレー。
冬至も近いということでマイルドカレーにはカボチャを加えてみました。
チキンは体が暖まるように生姜を多めに入れてあります。
みなさん、少しでも暖ってもらえましたか?

↑写真はチキンカレーです。

incb_2
店内でもパンやクッキー、スコーン、
手作り石鹸に絵本、ポストカードなどなど、
多彩な才能が集まって、終日盛況、賑やかでした。
ユミも営業の合間に絵本の製本を教わったり、
買い物したりで楽しんでいましたが、
釣銭を持ったまま戻って来ないので
店主☆ワタルはちょっと焦りました(゜゜;)

というわけで店主☆ワタルの古河方面初出場イベント、
無事やり遂げて参りました。
まだまだ反省材料は尽きませんが、
刺激を受けたり、いいアイデアいただいたり、
将来に向けての展開を夢見ながらの帰り道でした。

年内のイベント出店はこれで最後の予定です。
次回は年明け1月の2日、3日、
さいたま市内の住宅展示場のフェアに参加予定です。
詳しくは、また後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火曜日)

“十二日まち”

_1

昨日は酉の市、調神社を中心に浦和の街は賑わいました。
大変な数の屋台が(約1000軒とか)旧中山道を埋め尽くしていました。
この寒さの中大変な商売だなぁ(って人ごとかい、おい)などと、
綿アメ食べつつブラブラしてきました。

お好み焼きや焼きそば、ジャガバターなどの多数派に混じって
カルメ焼きや七味売りなどの伝統派も頑張っていましたよ。
_1それから新たに台頭しつつあるのが外国勢力で、
チヂミやチャプチュなどの韓流や中華、
まだごく少数派ながらタイラーメンなどもありました。
以外に多いのがドネル・サンド(トルコ系、クルクル回る大きな串刺し肉を炙って切り落とす)で
日本的な屋台でこういうのは面白いなぁとひとつ買ってみました。
感想は・・・なんというか・・大失敗・・。
味云々ではなくて、肉が生焼けだったんですよね。
これは想定外、トホホですよ。

まぁ、こんなリスクを楽しむのも屋台の醍醐味かと!?
でもチリチリバンバン号ではこんなことありませんのでご安心を。
そういえばチリチリバンバン号は出動しないの?
ここはテキ屋さんの天下で我々の出る幕はなさそうでした(-^〇^-) ハハハ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水曜日)

フワフワ・ココア

cocoa

めっきり寒くなってきましたねぇ。
みなさん、風邪などひいてませんか?

ドリンクに新メニュー加えました。

“フワフワ・ココア”(200エン)

あったかくて、ふんわりクリーミーなココアです。

師走に入り、世の中何かと気忙しくなっていきますが、
甘いココアでひと息、身も心も暖めてリラックスしてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日曜日)

Re-Born 訪問

demitasu_2

JR古河駅前の金井さんのお店、
“Re-Born”を初訪問してきました。
これまでも何度かご紹介したことがありますが、
“Re-Born”はジャンク雑貨のお店。
レトロで味わいのある品々がギッシリ詰まっている感じです。
観賞用だけでなく、実用的に使えるモノも色々ありますよ。

ゆるめの空気が店内を包んでいますが、それは多分、
金井さんのキャラクターによるところも大でしょう。
こちらは、あれこれ興味をそそられてしまうので、
次々質問してしまうのですが、ひとつひとつ丁寧に教えてくれます。

どれにもストーリーがあって、
そういうお話しを聴くのって大好きなのですが、
実は道中、車のタイヤがパンクしてしまい、
復旧作業などしていたため予定が狂ってしまいました。
夕方には浦和に戻らなくてはいけなかったので、
短時間の滞在となってしまいました。
でも、良いデミタスカップ見つけましたよ。
これで濃いめに淹れたコーヒーなど飲んだら・・・イイです(写真)。

次のイベントでの再会が楽しみです。

※Re-Bornの場所等の情報は、11/22(火)の本文記事ご参照下さい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »